日経、日経電子版Proに「グループ機能」を搭載

投稿日:2017年11月8日

日本経済新聞社は11月6日、法人向けサービス「日経電子版Pro」で、チーム・組織での情報活用をさらに深化させるため、新たに「グループ機能」を搭載した。グループ機能では、同じ法人契約の会員同士でグループを作り、企業、業界、キーワード、トピックなどを共通でフォローできるようになる。グループ単位で業務に必要な記事を自動収集することで、効率的な情報共有を実現する。さらに気になった記事をグループ内のメンバーでシェアしたり、ニュースの影響や解釈をチャット形式でコメントし合ったりすることも可能だ。また、グループ機能の利用に特化した「グループライセンス」の販売を新たに開始した。グループライセンスは5ライセンスからの提供で、5ライセンスは月額1万円(税別)、追加ライセンスは1ライセンス当たり2000円(同)となる。日経電子版Proは、月額6000円(税別)の法人契約専用サービスで、電子版の独自記事を含む新聞記事約1000本に加え、個人契約の日経電子版ではカバーしていない「日経産業新聞」や「日経MJ」「日経ヴェリタス」の主要記事も読める。個人契約の電子版の5倍に相当する約2万社のニュースやデータを企業別にまとめて閲覧できるほか、約7000社の人事情報を揃えている。気になる記事を日経の会員以外の同僚や取引先にシェアできる「ギフト機能」もある。

 

WEB制作 AL-Uzza【アルーザ】