「怖い絵」展の来場者が30万人を突破(産経新聞など主催)

投稿日:2017年12月4日

上野の森美術館(東京都台東区)で開催中の「怖い絵」展(産経新聞社など主催)の来場者が12月2日、30万人を突破した。「怖い絵」展は、現在1日平均で約5300人が訪れており、11月16日からは、開館時間を午前9時から午後8時に延長している。絵画をただ見るだけではなく、モチーフや時代背景などをひもときながら秘められたエピソードを紹介し、斬新な美術解説書としてブームを巻き起こしたドイツ文学者、中野京子氏による『怖い絵』シリーズ。同展は平成19年の第1作刊行10周年を記念して企画された。同展には、シリーズにも登場した大作「レディ・ジェーン・グレイの処刑」が初来日。「9日間の女王」の異名を持ち、権力争いの果てにわずか16歳で断頭台の露と消えたイングランド初の女王、レディ・ジェーン・グレイ。その最期をドラマティック、かつ超絶技巧で描いた作品となる。シリーズ登場作以外にも、セザンヌやターナーなどの巨匠の作品をはじめ、同展のためにセレクトした西洋名画が登場。国内外25を超える美術館などから約80点を紹介する。兵庫県立美術館で開催された同展(7月22日~9月18日)では約27万人の来場者を記録した。会期は12月17日まで(会期中無休)。開館時間は午前9時~午後8時(入館は午後7時半まで)に延長中。料金は一般1600円、大学・高校生1200円、中学・小学生600円、小学生未満は無料。

WEB制作 AL-Uzza【アルーザ】