朝日新聞の音声ニュース「アルキキ」を昼と夜にも

投稿日:2017年12月11日

main朝日新聞社は12月11日、スマートフォンとスマートスピーカー向けに音声ニュースを配信する「朝日新聞アルキキ」で、これまでの午前6時に加え、昼(正午頃)と夜(午後6時頃)にも配信を始めることを発表した。スマートフォンアプリ「朝日新聞アルキキ」と、スマートスピーカーの「Amazon Echo」シリーズ・「Google Home」シリーズで、毎日3回の新着音声ニュースを聞くことができるようになった。昨年4月に公開された朝日新聞アルキキは最新の音声合成技術を利用し、自然な聞きやすい声で「新聞を聞く」音声ニュースアプリとして高い評価を得ている。歩いている時や満員電車の中など、スマートフォン画面が見られない時でもニュースをチェックできることが特徴だ。朝刊編集長がピックアップした「今日の大事なニュース」をコンパクトにまとめ、5分足らずで聞ける音声ニュースとして、毎朝午前6時に配信してきた。今年10月にスマートスピーカー「Google Home」シリーズ、同11月に「Amazon Echo」シリーズへ同様の音声ニュースの提供を始め、朝出かける前に聞く音声ニュースとして広く利用されている。一方、スマートスピーカーの発売をきっかけに音声ニュースに親しむ利用者も増える中で、「朝だけでなく、新しいニュースも聞きたい」とのニーズも顕在化してきた。今回、朝に加えて昼・夜の配信を開始するのは、こうしたニーズに応えたもの。スマートフォンアプリ、スマートスピーカーを通じて、同社の音声ニュースを1日に3回配信する。同社は「これからも利用者のニーズに合ったサービス開発を進め、利用シーンや端末にとらわれない音声ニュース配信を実現していく」としている。

WEB制作 AL-Uzza【アルーザ】